記憶喪失が鍵となる韓国ドラマ特集

韓国ドラマの定番! 【記憶喪失】が展開される作品を集めました

主人公もしくは愛する相手が【記憶喪失】という韓国ドラマ結構多いですね。記憶喪失した本人が徐々に記憶を取り戻し、愛に目覚めていくというストーリーにいつしかハマってしまいます。そんな【記憶喪失】が関係してくるドラマをご紹介します。

韓国ドラマの定番!【記憶喪失】が展開されるドラマ紹介

今回は、記憶喪失が起こる韓国ドラマの中でも特に人気の作品をいくつかご紹介していきます。

 

冬のソナタ(2002年)

あらすじ

転校生としてカン・ジュンサンは、初登校する日に遅刻しそうなチョン・ユジンとバスで出会う。

ジュンサンは別の目的でユジンに接近していたのだが、いつしか二人は恋に落ちる。

しかし、思いを伝えようとした日にジュンサンにアクシデントがあり、その後ユジンはジュンサンに会うことなく大人になってしまった。

大人になったユジンは再びジュンサンにそっくりなミニョンに出会う。

そこから二人のラブストーリーが始まる。

キャスト

カン・ジュンサン役:ぺ・ヨンジュン

チョン・ユジン役:チェ・ジウ

キム・サンヒョク役:パク・ヨンハ

オ・チェリン役:パク・ソルミ

見どころ

メインは大人になったユジン達のストーリーですが、時折出て来る高校時代の回想シーンも素敵です。

ユジンとミニョンの恋の行方にハラハラします。

 

 

ショッピング王ルイ(2016年)

あらすじ

幼いころ両親を失ったルイ(カン・ジソン)は財閥の祖母に引き取られてフランスで暮らすことに。

心の拠り所がなくいつしかショッピングに明け暮れる日々が続き「ショッピング王ルイ」と呼ばれるようになっていた。

そんなルイは韓国に帰国した際に交通事故を起こしてしまい、記憶喪失になりホームレスの生活を送ることに。

そこで家出した弟を探していたボクシルに出会うことに。

記憶を徐々に取り戻すルイとボクシルのラブコメディが、始まる。

キャスト

ルイ(カン・ジソン)役:イ・ソングク

コ・ボクシル役:ナム・ジヒョン

チャ・ジュンウォン役:ユン・サンヒョン

ペク・マリ役:イム・セミ

見どころ

記憶喪失の御曹司ルイと、田舎暮らしのボクシルの恋愛という設定が面白いラブコメディです。

幼くして両親を亡くした孤独なルイを優しく受け入れるボクシルに、見ていてキュンとするドラマです。

 

 

キム秘書はいったい、なぜ?(2018年)

あらすじ

大企業の副会長であるイ・ヨンジュンは経営力や容姿も完璧だがナルシストで自分ばかり見てしまう性格。

その秘書を長年勤めていたのがキム・ミソであった。

しかし、ある日突然ミソが秘書を辞めると退職を申し出たため、動揺するヨンジュン。

いったいミソはなぜ秘書を辞めてしまうのか……?

キャスト

イ・ヨンジュン役:パク・ソジュン

キム・ミソ役:パク・ミニョン

イ・ソンヨン役:イ・テファン

コ・グィナム役:チャンソン(2PM)

キム・ジア役:ピョ・イェジン

見どころ

とにかく主役2人(イ・ヨンジュンとキム・ミソ)が美しく、二人のやり取りにもキュンと心を奪われるストーリーです。

ヨンジュンの兄ヨンソンが昔の記憶を喪失していることがドラマの展開に大きく影響しています。

 

 

シークレット・ガーデン(2010年)

あらすじ

ロエル・デパートのCEOを務めるキム・ジュウォンは、従兄である韓流スター・オスカーにイメージキャラクターの契約を結ばせるため、交換条件としてオスカーが問題を抱えている女優と交渉すことに。

しかし、撮影現場で女優とスタントウーマンを人違いしてしまう。

そのスタントウーマンがキル・ライムであった。

キャスト

キル・ライム役:ハ・ジウォン

キム・ジュウォン役:ヒョンビン

オスカー(チェ・ウヨン)役:ユン・サンヒョン

ユン・スル役:キム・サラン

イム・ジョンス役:イ・フィリップ

見どころ

御曹司であるキム・ジュウォンはなぜか貧乏人のキム・ライムに惹かれてしまう。

その理由がキム・ジュウォンの過去にも関係していたのです。

ただの御曹司系ドラマでは終わらないストーリー。

最後はかなり泣ける展開なので、要チェックです。

 

 

トッケビ(2016年)

あらすじ

高麗の最強武将であったキム・シン(トッケビ)だが、若き高麗の王に疎まれ殺されてしまう。

その後キム・シンの魂はさまよい続け気づけば900年の月日が経っていた。

胸に突き刺さっている剣を抜けば、さまようことなくあの世へ行けるシン。

だがその剣を抜けるのはトッケビの花嫁であるチ・ウンタクだけであった。

キャスト

キム・シン役:コン・ユ

チ・ウンタク役:キム・ゴウン

死神役・イ・ドンウク

サニー役:ユ・インナ

ユ・ドクファ役:ユク・ソンジェ

見どころ

ずっと自分の死を望んでいたトッケビ(キム・シン)ですが、チ・ウンタクに出会うことで、彼女と一緒に生きることを望んでしまうようになります。

葛藤するキム・シン役のコン・ユと、自分の過去を思い出せない記憶喪失の死神役のイ・ドンウク二人のイケメンぶりも見どころです。(二人が並んで歩くシーンぜひ見て下さい)

 

 

100日の郎君様(2018年)

あらすじ

幼い頃ユン・イソに一目惚れしたイ・ユルだが、ユルの父親が王座を狙うために某乱を起こしてしまう。

更にその罪をイソの父になすりつけたため、イソの父は命を落とし、イソもホンシムと名前を変えて村で生きることに。

イソが去ったことで、ユルは孤独に王宮で世子となった。

そんなある日、突然暗殺者に命を狙われたユルは命からがら逃げている間に記憶を失い、気がつくとウォンドクとして生きることに……。

キャスト

イ・ユル(ウォンドゥク)役:ディオ

ユン・イソ(ホンシム)役:ナム・ジヒョン

キム・チャオン役:チョ・ソンハ

イ・ホ役:チョ・ハンチョル

パク氏役:オ・ヨナ

見どころ

イ・ユル自身が作った”国中の適齢期を過ぎた男女は結婚するように”と命を出したことがきっかけで、イ・ユル(ウォンドク)とユン・イソ(ホンシム)は出会うことになります。

記憶喪失でもやっぱり運命の人に惹かれる二人のラブストーリーと、ユルの村での生活ぶりも見どころです。

 

 

太陽を抱く月(2012年)

あらすじ

朝鮮時代の若き王イ・フォンとホ・ヨヌの甘く切ない宮中ラブストーリー。

フォンとヨヌは運命に導かれるように惹かれ合うが、婚礼を目前にしてヨヌは謎の病により命を落としてしまい……。

キャスト

イ・フォン役:キム・スヒョン

ホ・ヨヌ役:ハン・ガイン

陽明君役:チョン・イル

ユン・ボギョン役:キム・ミンソ

見どころ

ホ・ヨヌを失ったイ・フォンは誰にも心を開かずに世子として宮中で過ごしますが、ホ・ヨヌは過去の記憶をすべて失い巫女としてこの世に生き続けていたことにより、二人のドラマが始まります。

現在大ヒット中の「サイコだけど大丈夫?」で脚光を浴びているキム・スヒョンの代表作でもあります。

キム・スヒョンのファンは特に必見です。

 

 

【記憶喪失】が繰り広げられるドラマを要チェック

主人公やその相手が記憶喪失を乗り越えて、真実にたどり着く見どころ満載のドラマをご紹介してきました。

記憶を失っても、徐々に思い出して行く過程で新たな展開が繰り広げられるドラマたち。

ぜひチェックしてみて下さい。