韓国ドラマから学ぶ韓国語講座第3回

韓国ドラマで韓国語&ハングルを学ぶ!わかると楽しい簡単な韓国語講座♡【第3回】

韓国ドラマでよく見かける韓国語のフレーズや単語をご紹介します!第3回目の今回は、第1回、第2回で紹介できなかったフレーズをご紹介するので、韓国ドラマを見るときの参考にしてみてくださいね。

韓国語を楽しく学ぶには?

韓国語を勉強しようと思った時、まずはドラマを見て勉強してみようと思う人が多いのではないでしょうか?

筆者の場合は、最初に韓国ドラマにハマり韓国語に興味を持ち始めたことが、韓国語の勉強を始めるきっかけになりました。

皆さんも韓国ドラマを見ながら、楽しく韓国語を勉強してみませんか?

 

韓国語講座第3回

それでは第2回に続き、韓国ドラマでよく見かける韓国語のフレーズや単語をご紹介していきます。

 

뭐라고?【モォラゴ?】

「何?」「何だって?」という意味で、相手に何を言っているのか聞き返す時に使います。

主に友人や親しい間柄でのみ使われるフレーズなので、注意してください!

 

왜 그래【ウェグレ】

「どうしたの?」「どうしてそうなの?」という意味です。

韓国ドラマの中では、恋人同士や友人同士で揉め事があった際によく使われています。

 

어머【オモッ】

女性が驚いた時によく使うフレーズで、ドラマ以外の日常生活でもよく使われています。

例えば、人とぶつかりそうになった時に「어머!(あらまあ!)」という感じで、思わず口から出てしまうんだとか。

 

깜짝이야【カムチャギヤ】

こちらも驚いた時に使うフレーズで、男性も女性もよく使います。

とても驚いて思わず声が出てしまうような時に、「깜짝이야!(びっくりした!)」と使われることが多いんだそうです。

 

바보【パボ】

日本語にすると「バカ」という意味ですが、韓国では少し軽い感じで使われています。

ドラマの中でも、親しい友人や恋人同士が冗談を言い合うときに「바보 아냐?パボアニャ(バカじゃないの)?」という感じで使うことも多いんです。

 

콜【コル】

これは、英語の「Call」を韓国語で発音したもので、何かの誘いに乗る時によく使われています。

ドラマでは「この後一杯どう?」と飲みに誘われた時、「콜(いいよ)」と返事をすることが多いです。

 

헐【ホル】

若者の間でよく使われるフレーズで、あきれた時に多く使います。

韓国ドラマでは、少し驚いた反応を見せる時にもよく使われていますね。

例えば人気俳優が結婚するというビッグニュースを耳にした時、「헐!(えぇ!)」という感じで使います。

 

실화냐?【シルファ二ャ?】

直訳すると「実話なの?」という意味ですが、実話とは思えないほど信じられないというニュアンスになります。

良い時と悪い時どちらにも使えるフレーズです。

 

말도 안돼【マルドアンデェ】

直訳すると「言葉にもならない」で、話にならない、ありえないという意味で使われます。

呆れて物も言えない時なんかにぴったりの表現です。

ドラマでも、女優さんがよくこのセリフを言っている気がします。

 

미쳤어?【ミッチョッソ?】

「狂ったの?」「頭おかしくなったの?」という意味です。

ドラマでは様々な場面で使われているので、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

相手に向かって言う場合の他にも、自分自身が何か失敗してしまった時に「미쳤어!」と言いながら自分を責めているシーンもよく見かけます。

 

빨리 빨리【パリパリ】

「早く、早く!」という意味で、せっかちな韓国人の間ではよく使われているフレーズです。

ドラマや日常生活の中で、急いでいる時には必ずと言っていいほど使われている気がします。

 

예뻐요【イェッポヨ】

「きれいです」という意味で、人に対してだけではなく、物や景色にも使える万能な単語です。

また、物に使う場合は「かわいい」よりも「きれい」と表現する場合が多いため、よく使われているんだとか。

 

사장님【サジャンニム】

「社長」という意味で、韓国ドラマではほとんどの作品に出てくる単語ではないでしょうか。

また、食堂などに行って注文する際に、店主の方を「사장님~」と呼んで注文することも多いんだとか。

 

맛있겠다【マシッケッタ】

「美味しそう」という意味で、食事のシーンで多く使われるフレーズです。

韓国には外に屋台のお店がたくさん並んでいるので、ドラマの中でも屋台に並んでいる食べ物を見て「맛있겠다!」と言っているシーンも多く見かけます。

 

그만 해【クマンヘ】

「もうやめて」「いい加減にして」という意味です。

ドラマの中でも、うんざりした時や喧嘩をしている時によく使われています。

 

잘 지냈어요?【チャルチネッソヨ?】

直訳すると「よく過ごしましたか」という意味ですが、実際には久しぶりに会った相手に「元気だった?」と言う時に使うフレーズです。

ドラマの中では、幼馴染や元恋人と再会した時などによく使われています。

 

무슨 소리야【ムスンソリヤ】

「どういう意味?」と聞くときに使われるフレーズです。

親しい間柄や、ケンカ腰の時にしか使われないので注意が必要です。

 

얼마예요?【オルマエヨ?】

「いくらですか?」という意味で、値段を聞く時に使われます。

ドラマの中だけではなく、実際に韓国旅行に行った際にも使えるフレーズなので、覚えておいて損はないと思います!

 

끊어【クノ】

電話を切る際に「切るね」と言う時に使うフレーズです。

ドラマでは電話のシーンで多く使われているので、次回からドラマを見る時には是非チェックしてみてくださいね。

 

짜증나【チャジュンナ】

「腹立つ、むかつく、いらいらする」という意味で、怒っている時によく使われるフレーズです。

韓国ドラマに出てくる女性は気が強い人が多いので、ケンカをした時に相手に直接言っているシーンなどもよく見かけますよね!

一人でいる時に、ケンカをした時のことを思い出してイライラしている時にもよく使われます。

 

그냥【クニャン】

「ただ、何となく」という意味で、ドラマの色々な場面で使われている単語です。

例えば、異性の友人との関係について聞かれた時には「그냥 친구/クニャンチング(ただの友達)」という風に言います。

他には、なぜこうしたの?と理由を聞かれて特に理由がない時には「그냥~」という風にも言えます。

 

잘생겼어【チャルセンギョッソ】

「イケメン、かっこいい」という意味で、主に女性がかっこいい男性を見た時に使うフレーズです。

イケメンの芸能人を街で見かけた時に「진짜 잘생겼어/チンチャチャルセンギョッソ(本当にかっこいい)」という風によく使われています。

 

初心者は韓国ドラマで楽しく学ぼう

韓国ドラマであれば、ストーリーを楽しみながら基本的な韓国語のフレーズや単語を勉強することができるので、初心者の方にはおすすめです!

また、韓国語がある程度わかるようになると、韓国ドラマの楽しさもグッと増します。

ドラマを字幕で見るのと自分の耳で聴き取りながら見るのでは感じ方が全然違いますし、セリフの細かいニュアンスまで理解できるようになりますよ!

 

U-NEXTなら韓国ドラマが盛りだくさん!

韓国ドラマを見るなら、まずはU-NEXTに登録することをおすすめします。

他にも動画配信サービスはたくさんありますが、U-NEXTは圧倒的に作品数が多く、韓国ドラマに力を入れています。

さらに31日間の無料お試しプランもあるので、一カ月間は無料で韓国ドラマが見放題なんです!

是非一度試してみてください。

 

 

韓国ドラマで韓国語を学んでみては?

今回は、韓国ドラマで学ぶ韓国語講座の第3回目をお届けしてきました。

韓国ドラマをたくさん見ていくと、同じフレーズがたくさん使われているので自然に韓国語を覚えることができますよ!

この機会に、是非韓国ドラマで韓国語の勉強にチャレンジしてみては?